関西圏のJR車両を手当たり次第に撮影して
全編成・全車両 の一覧を作っているサイト。

205系

205系 C2編成(元 網干A2編成 → 日根野H801編成)

製造:日本車両
所属:宮原運転所
MT比:4M3T

JR京都線、JR神戸線で普通列車として運用されている。

1986年08月07日製造。
元 網干A2編成 → 元 日根野電車区H801編成。
現在は平日の朝にのみ尼崎-高槻駅間の運用に付いている。
2012年春に改造を受け、ベンチレーターの消去や行先表示器がLEDになるなど大幅に改良された編成。
内装も様変わりしている→写真

←尼崎駅にて 2012/05/09
205系 C2編成
クハ204-36
クハ204-36

■1号車

クハ204-36

製造:日本車両 (1986/08/07)所属:宮原運転所
西明石・新三田方面先頭車。
モハ204-106
モハ204-106

■2号車

モハ204-106

製造:日本車両 (1986/08/07)所属:宮原運転所
MG、CP搭載。
モハ205-106
モハ205-106

■3号車

モハ205-106

製造:日本車両 (1986/08/07)所属:宮原運転所
パンタグラフ、主制御機器搭載。
サハ205-70
サハ205-70

■4号車

サハ205-70

製造:日本車両 (1986/08/07)所属:宮原運転所
編成中この車両のみベンチレーターが残っている、
モハ204-105
モハ204-105

■5号車

モハ204-105

製造:日本車両 (1986/08/07)所属:宮原運転所
MG、CP搭載。
女性専用車。
モハ205-105
モハ205-105

■6号車

モハ205-105

製造:日本車両 (1986/08/07)所属:宮原運転所
パンタグラフ、主制御機器搭載。
クハ205-36
クハ205-36

■7号車

クハ205-36

製造:日本車両 (1986/08/07)所属:宮原運転所
京都・高槻方面先頭車。