関西圏のJR車両を手当たり次第に撮影して
全編成・全車両 の一覧を作っているサイト。

207系
モバイル端末向け表示

207系 H2編成

製造:川崎重工・近畿車両
所属:網干総合車両所明石品質管理センター
MT比:2M2T

普通列車や快速列車として幅広く運用されている。

207系0番台1次車と、0番代を改造した500番台車、1000番台を改造した1500番台車で構成。
1991年12月25日製造(2号車は1994年01月14日製造)。
VVVFは三菱・東芝製。

←千里丘駅にて 2005/07/21(※写真は旧塗装です。)
207系 H2編成
クハ206-102
クハ206-102

■4号車

クハ206-102

製造:川崎重工 (1991/12/25)所属:網干総合車両所明石品質管理センター
CP搭載。
篠山口・加古川方面先頭車。弱冷車。
他編成と連結されるため、基本的に運転台未使用。
モハ207-1505
モハ207-1505

■5号車

モハ207-1505

製造:近畿車両 (1994/01/14)所属:網干総合車両所明石品質管理センター
VVVF(東芝製)、SIV搭載。
0番台車とユニットを組むためにモハ207-1005から改造され、
パンタグラフが撤去された。女性専用車。
モハ207-504
モハ207-504

■6号車

モハ207-504

製造:川崎重工 (1991/12/25)所属:網干総合車両所明石品質管理センター
VVVF(三菱製)、SIV、CP、パンタグラフ搭載。
1000番台車とユニットを組むためにモハ207-4から改造。
クハ207-102
クハ207-102

■7号車

クハ207-102

製造:川崎重工 (1991/12/25)所属:網干総合車両所明石品質管理センター
京都・奈良方面先頭車。